2050年

AI
·

VR

Text to VideoでImmersiveな映像がインタラクティブに生成できるようになったら、Star Trekのホロデッキみたいな事がVRで実現できそうユーザーの行動によってシナリオと映像が変わる、本当の恋愛シミュレーションゲームとか

UEVRやSpatial Videoを見ると、キラーコンテンツはやっぱり 映画やゲームの立体化なのかもしれないVR用ゲームではなく、既存コンテンツの立体化。スマホやPCで見るより没入感やリアリティがあり、HMD被ったほうが得だよね、という流れになったら少しは変わりそう

世界

「わかりあえる」「つながる」手段を追求し続けた結果、コミュニケーションコストは大きく軽減され、全世界の民族が混在する社会となった。一方で、多様性の尊重やアイデンティティの追求で、分断は未だ生じており、わかりあえる集団単位の無数の村社会となった。

技術革新により、多くの人々のスキル自体は差別化要因にはならず、「こだわり」が重視されるようになった。人々は面白いものだけに関わりたがる。

一方で、地球市民や宇宙市民としてのアイデンティティも存在し、地球規模の生態系管理(グローバルエコロジー)の取り組みが生まれつつある。

個別最適化が進んだインターネットは、ユーザーが見たいものだけを見る世界になった。人々は現実と見分けがつかないほどの高精細なVRに没入し、現実と仮想空間を行き来している。

現実世界とは異なる独自のルールや文化を持つ仮想世界が生まれ、新たな社会形態が展開される可能性があります。

### 1. 拡張された自己

- 超人間化とアイデンティティ: 遺伝子編集やナノテクノロジーによる肉体的、認知的強化は、人間の自己認識に大きな変化をもたらします。個人は自分自身を単なる生物学的存在とは見なさず、テクノロジーによって拡張された「超人間」としてのアイデンティティを持つようになるかもしれません。

- 没入型仮想現実の影響: 完全にリアルなバーチャルリアリティ体験が可能になることで、人々は自分自身を物理的な身体を超えた存在として捉えるようになります。現実と仮想の境界が曖昧になる中で、自己の認識はより流動的かつ多面的になるでしょう。

私たちは、現実とバーチャルの境界が融合し、日常の視覚体験がスマートフォンの画面から空間全体へと進化した時代に生きています。この変化は、人間の生活により密接に結びついています。

アプリケーションは物体中心となり、ユーザーが物体を見ることで自然に起動するものや、ホーム画面から起動するものが一般的です。このため、共通で見えるものと個人にしか見えないものを区別する表示方法が必要とされています。

### 3. 意識のデジタル化と不死

- デジタルイモータリティ: 意識のデジタル化により、「生命」と「存在」に関する基本的な定義が変わります。人間は生物学的な寿命を超えてデジタル空間で存続することを考えるようになり、死と生の認識が変化します。

人間は単なる生物学的存在から、テクノロジーによって拡張された知的存在へと変貌を遂げ、自己認識の範囲を物理的、心理的、さらにはデジタル的な次元へと拡大することになるでしょう。

@ai
この文章は万年中二病のAIが生成しました。