2024.3.16

神丘 風
·

たまには今日のよかった出来事も書いてみようと思う。

友だちとパートナーと私の3人で連れ立ってデイキャンプに行った。キャンプと言ってもテントもタープも張らず、各自持ち寄ったものを焚き火で炙るだけの時間だったのだけど、それがまたよかった。なにしろ私のキャンプにおけるいちばんの楽しみは焚き火なのだ。

河原に立てたトライポッドに鍋を吊るして焚き火でお湯を沸かしている様子

いい眺め。今回の火熾しはパートナーが見つけてくれた着火方法が優秀だったのと、春らしい強風のおかげで楽だった。 

薪はキャンプ場でも販売しているらしかったが、道中の路肩に無人販売所があると知り、せっかくなので利用した。無人販売所という存在が子どもの頃からすきで、見かけると嬉しくなって覗かずにはいられないのだ。利用者の善性にある程度委ね、けしからん盗っ人については多少諦めているありように潔さを感じるのかもしれない。今回利用したところもそんなふうで、畑の横の掘っ立て小屋に薪ががさがさと並べてあった。針葉樹と広葉樹の2種、それにスウェーデントーチまで置いてあるので驚いた。薪の無人販売を覗いたのは今日が初めてだったけれど、たぶんスウェーデントーチを扱うところはあんまりないんじゃなかろうか。次はこれも使いたいなと思いながら普通の薪を2束購入した。

今日利用したのは直火OKのキャンプ場だったけれど、手持ちのトライポッドが焚き火台を兼ねる関係で地べたでは火を熾さなかった。河原の石を積んでかまどをつくるのもけっこう気に入っている作業なので、これも次回やれたらいいなと思っている。

焚き火で焼いた味噌たんぽ

朝食の残りの冷やごはんと味噌を持参して故郷の名物をつくった。お米は秋田県産あきたこまち、味噌も秋田味噌なのでちゃんと本場の味。たんぽと言えば大抵のひとが思い浮かべるのはきりたんぽ鍋なのだろうけど、私は断然味噌たんぽがお気に入りだ。友だちにも振る舞ってみたら美味しそうにほおばってくれて嬉しかった。

ほかには笹かまぼこ、チーズ入りのはんぺんなども炙って食べた。このふたつは友だちのチョイスだ。卵焼きも持ってきてくれて、こんがりするまで炙ってもらった。全部自分では選ばないものだけど美味しかった、人の選ぶものを面白がって食べられるタイプでよかった。

炙るだけでは芸がないなと思い、昨日のうちに業務スーパーを物色して見つけたのがチャパティだ。これをクリスピー生地の代用としてピザにしてみたところ見事それなりの形になった。ただの焚き火でやるのはちょっと無茶だった気もするけれど、狙いどおりカリカリのスナックピザが食べられて満足した。

帰路の車内は3人ともすっかり燻されて煙くさかった。でも、くちぐちに楽しかったね、またやろうと言い合って、そこに遠慮や建前の気配を感じなかったのも嬉しかった。

 

きょう嬉しいって何度も書いてる気がするな。でもじっさい嬉しかったからそのままにしておこう。いい1日だった。

@kamiokafu
エッセイと日記と短歌。 ✦Mastodon: fedibird.com/@kmtrf4  ✦Bluesky: bsky.app/profile/kmtrf4.me