自分は毒になる親になっていないか

かおらべ
·

わたしは毒親育ちだったと思っている。実の両親のことは反面教師だとみなしているし、自分はこうはならないと思って育ってきた。

晩婚だった母に張り合うように早く結婚し、こどもを産んだ。

母とは仲良くなかったし、過干渉だとも感じていた。でも、母から離れていたことはほんの数ヶ月しかない。

自分は実母実父のようにこどもに毒になるような存在ではない、と思いたがっているけれど、実際のところこどもたちがどう感じているかは不明だ。

こどもは男子2人なので、女であるわたしと母との関係性とはまったく違うだろうが。いや、男女問わず、人が違ったらもうそこには違う関係性があるのだろう。

だからこそ、気をつけなくてはいけないと思う。自分はこどもにとって毒になる親になっていないか。こどもが大きくなって手が、目が、離れていくごとに、関係性の健全性をあらためる必要がありそうだ。

ずっとつながってはいたい、けど過保護過干渉にはならないように。見守っていきたい。

@kaorabe
だいたい毎日更新中。主に日記、たまに自分語りと家族のことを書きます。 Twitter→ @kaorabe