あなたがいてくれてよかった

かおらべ
·

と、いう言葉をもらった。

くれたのは誰かというと、実母だった。

「いろいろやってくれてありがとうね」ということらしい。

いろいろやっていることの一例

  • 平日は昼・夜とごはん作り

    • 昼は母とわたしで一緒に食べ、夜は部屋に配膳している。

    • 最近は夜は次男が作ってくれる。お小遣い稼ぎとはいえありがたい。

  • 住民税の申告の手伝い

  • あまり請けたくはないけど仕事のヘルプ業務

  • 役所に行く

  • 医者付き添い

ざっとこんなものか。

その言葉をもらった感想

素直に、ああ、うれしいな。と思ったし、生きててよかったとすら思えた。

「こういう細々としたことをするためにわたしはいるんだよ」

と返しておいた。

関係性の変化

前回書いた記事では

母のことはあまり好きではないが、不幸を願っているわけではない。

と書いていたが、自分にとってわりと大事な人となりつつあるのかなあと思った。自分も、母も、歳を重ねたからこそ築き合える関係性も存在しているのだろう。

母は近日補聴器をつけることになりそうだ。長年、耳鳴りと聴こえの悪さに悩まされていた(共同生活にも障害となっていた)ので、改善すると良いなと思っている。

@kaorabe
だいたい毎日更新中。主に日記、たまに自分語りと家族のことを書きます。 Twitter→ @kaorabe