不眠と過眠と充実感

かおらべ
·

いわゆる睡眠障害、と呼ばれるものになってもう何年経つか忘れた。

夜眠れないときと、昼眠りすぎるときを定期的に繰り返している。今は前者で、不眠ぎみのようだ。

昼眠りすぎる=過眠のときは、「ああ、今日も何もできなかった」と後悔の念にとらわれることおびただしいのだけれど、夜眠れなかったり、早朝覚醒する不眠のときは、そうでもない。

たぶん、眠れない夜や早く起きた朝に自分のやりたかったことができているからそう思うのだろう。

でも不眠のときも、結局昼間寝てしまっていたりする(それは不眠と呼ぶのか、よくわからない)。だから使える時間としてはだいたい同じくらいなんじゃないかと思うけれど、充実感が違うのだ。

今日は0時に寝て、2時に起きて、夜中活動していたけれど結局昼間寝ていた。

個人的には早朝の4時5時くらいを起きて過ごせたかどうかがポイントになっているように思う。朝型っぽく振る舞えていたかどうかなのかな。

@kaorabe
だいたい毎日更新中。主に日記、たまに自分語りと家族のことを書きます。 Twitter→ @kaorabe