もののゆくえ(追記あり)

ネリネ
·

1社目を退職して初めてメンタルクリニックにかかった頃、本気で死のうとして、本当に好きで大事なもの以外全てを手放した。

いま、それの2回目が来ている。それでも、私物は中くらいのダンボールひとつに収まる程とはいえ、ちょっと減らしたい。

でも、私が死んだら、ぬいぐるみたちはどうなるのだろう。本も、CDも、ゲームも、ガチャガチャもどうなるのだろう。

その後を案じて、買うのを躊躇う……はずなのだけど、なぜかどんどん増えていく。よく考えて買うかどうか決めているはずなのに、結局は衝動買いと捉えている。なぜだろう。

どんなものでも一度楽しんだら置物になってしまうから、キャラクターものはもう写真印刷かポストカードでいいと思っていたのに、いざ実物を見ると欲しくなってしまう。

しかし、こっちの方式に変えたら、今度はお菓子をよく買うようになってしまった。お金をかけない+宝の持ち腐れ対策のはずが、結局ポロポロと無駄遣いをしてしまっている。まるで意味がない。

手放したいと考えているものも、廃品回収に出すよりかは、大切に扱ってくれる人に引き取ってもらいたい。けれど、メルカリはやり取りが煩わしくなって、昨年止めてしまった。少額でも安心して引き取ってもらえるところあるかな。大切に大事にしてくれる人はいるかな。

そんなことを思いつつも、いま購入を迷っている/いたものは、ふたつあって。

ひとつは、すみっコぐらしのうさぎマイスター手乗りぬいぐるみ。一昨日ちょっと書いた子。いつも病院帰りに覗くお店で残りひとつだった。来週もカウンセリングで通院するから、それまで残っていたら買おうかなと。

すみっコは一部のキャラが好きというだけ。ならば、なぜ買うのか? ──うさぎだからだ。どうしてもあのフォルムとお耳に惹かれてしまうのだ。

もうひとつは、ポケモンSVのサウンドトラック。受注生産ではないはずなのだけど、予約期間が過ぎたら買えないのかな?と不安になって、さっき予約した。

ゼイユさんの曲が好きすぎて。どの曲もいいけれど、真面目にこれだけのために買うといっても過言ではない。

SVは、私にとってSwitch初のポケモンで、初のオープンワールドで、過去最高に壮大な物語で、戦闘曲が場所によって全部違って、ドオーに出会えて、思い入れがありすぎる。

DLCはまだ遊べていないけれど、ちょうど好きな実況者さんの生放送で見終えたばかり。どんな話なのか全部知ってる。これから自分でも遊ぶのが楽しみだ。桃沢商店の上で寝ているロコンを撮りたいし、オオタチちゃんとも戯れたい。サザレさんとネリネさんにも早く会いたい。

しかし、CDは、実家に帰ればパソコンからスマホに取り込めるけれど、取り込んだらそれっきりになってしまうし、普段動画以外で音楽を聞かないのもあって、やっぱり宝の持ち腐れ感がすごい。

皆様は、CDの扱いってどうしていますか?

追記:これを書き終えた後、不要必要を整理しようと思い立ち、紙類を分別することができた。ガチャガチャたちも、先日買ったチョコ缶にちょうど収まって少しすっきりした。それでも場所を圧迫しているように見える。置き方の問題かな。

また、感想レターをありがとうございます。やっぱり本と一緒に飾るのが良さげそうですね…!

@masiroop
心情の記録、創作の作品置き場として利用します。