5月のまとめとこれからのこと

ネリネ
·

5月は27記事書きました。新しい仕事に就けても、なんだかんだ書くことができました。

6月は現実や心に溜まったつらいことは程々に、自分の好きなことをテーマに書いてみようと思っています。食べ物、ゲームで起きたひとコマ、創作のここが好きなど。

私の趣味嗜好は、普通の人から見て恥すべきものだし、熱量も強いわけではない。本当にこんなことを私が思ったり書いたりしているの?と、現実と創作との乖離も受け入れられずにいる。

何の役にも立たないし、誰かの為にもならない。遊んでいてはいけない。もっと他の有用なことに時間を使えるんじゃないか。役に立たなきゃ。役に立たなきゃ存在を許されない。

だから、自分が好きだと思うことを真剣に楽しんでやっている人たちに申し訳ない。目につかないようひっそりとしてしよう。

この気持ちをずっと抱えています。

それでも、「私はこれが好き」と言っていく必要があると思う。いつも「〇〇しなきゃ」と言っているけれど、「本当はやりたくない」はずなんだ。その見極めに。

感情のままに書いて投稿した後の「なんか違う・気持ち悪い・違和感」を乗り越えるためにも。ちょっと実験してみます。実験だから失敗しても大丈夫。大丈夫。できるはず。

今月も読んでくださってありがとうございました。6月もよろしくお願いいたします。

(以下、現実のことです。記事の新規作成を横着します。すみません。)

今日で研修が終わり、来月から実務に入ることになった。ひとつのミスも許されない。頑張らなきゃ。

そして1ヶ月間、無遅刻・無早退・無欠勤を貫き通した。身体も何ともなかった。

いや、全部しないことが普通であって。毎日誰かしら休んでいる環境がおかしいというか。逆に、安定している自分を疑ってしまうが……あの職場に毒されてはいけない。

それもあるけど、1年半も「職場の犠牲になりたくない」「会社で働きたくない」と身体を壊して寝込んでいたのに、

いざ仕事に就いたら「皆の可能性を引き出すために、こういうことをするのはいかがでしょうか?」「皆がストレスフリーに働けるよう、こんな環境作りがしたいです」「何か私にできることがあればお声掛けください」って……

なぜそんなに役に立とうとする? 心ではそういう人は会社にいらないって思っているのに。もう誰の犠牲にもなりたくないと心から願ったのに。またそうなるような立ち回りしかしていない。

そのせいか、上からは仕事ができると思われ、勝手にすごく期待されている。困る。私は、すごいことなんて何もできない。ただ言われたことを淡々と着実にしているだけなんだ。上記の提案も、自分がそういう人たちを好きになれないから、なんとかして改善してほしいと思っているだけだから。私だって、深く掘り下げれば何の役にも立たないってわかるよ。

あ……役立たずになるのが嫌なんだ。「役に立たない=社会からの追放=存在の否定=困窮=死」なんだ。自分の意思でなら今すぐにでも死にたいけれど、社会に殺されたくない。会社(=社会)と契約してしまった以上、自分を抑えて責務を全うするしかない。だから、頑張らなきゃいけない。

どうしたら役に立てる? 何か知識技能を得るしかない。でも、何でもすぐに冷める気質が、あらゆる物事の大成を許さない。何でも仕事なら絶対やらなきゃいけないからやれるのに、そもそもの時点で詰んでいる。それじゃあ、だめだ。殺されてしまう。何かやらなきゃ。遊んでちゃいけない。まとまらない。

あれ……結局、メインの話と同じこと書いてる? とりあえず、私には「役に立たない=死」がいつまでもどこまでも付いて回るんだ。毎日命の危機に晒されていては、それは好きや遊びに違和感を覚えるよな。自分でもどうにもならない。他人にもどうにもできない。どうしようもない。けど、どうにかしなきゃ。

@masiroop
心情の記録、創作の作品置き場として利用します。