時計の音が聞こえるとき、聞こえないとき

ryu
·

ベッドでPCを操作していて、あるときふと、時計の音が聞こえるようになった。ベッドのそばに置いている、BRAUNの目覚まし時計の秒針だ。

部屋がしずかだったり意識を向けると聞こえるが、何かに集中していたり、キーボードを叩いていると聞こえないくらいの音量。

この「時計の音」が聞こえるか聞こえないかで、自分がDoingな状態か、Beingな状態かの指標になるのでは。

  • Doingな状態というのは、「何かをする」ことに集中している状態。タスクだったり、スマホだったり、PCだったり。

  • Beingな状態は、「今ここにある自分や感覚」に対して目を向けられている状態。時計の音や布団の温かさ、自分が感じる心地よさや違和感など。

どっちがいいかは人だったり場合によるが、自分としては、寝る前はBeingな状態でいたい。

寝る前は、時計の音が聞こえるように過ごしたい。

@ryu
普段はこころを支えるアプリを作っています。 日々かんがえたことを書いて、気が向いたら公開します @ryuki_kyoto