noteとしずかなインターネットの違い?

ryu
·

※あくまで個人的な感想であり、今後また変わるかもしれない。

-

自分の中では、noteは「記事のポートフォリオ」みたいになっていた。

公開することがデフォルトなので、「読んだ人にとって何らかのためになる」もの、その結果いいねやPV、シェアが増えるものを書きたい。そうじゃないと、公開するのをちょっとためらう。そんな感じ。

対して、しずかなインターネットは、「思ったことを書き散らしていい場所」だ。

非公開がデフォルトなので、何を書いてもいい。良さそうだったら公開する。いいねもPVもないので、何となくみて、感想をくれる人がいたらいいなあくらい。

-

noteのミッション的には、noteでも気軽に書いて欲しいのはわかる。けど、正直なんかハードルを感じちゃう。

興味深かったのは、今日お話しした方が「noteに下書きを書いて満足することがある」と話していたこと。自分がしずかなインターネットでやっていることの裏返しみたいな感じだ。

同じことを自分もできるはずなのに、なぜ書き散らしにしずかなインターネットを選ぶんだろう?と自分に問うた時、「公開した時に、ハードル低く書いたものをポートフォリオにあんまり混ぜたくない。けど反応が欲しくて公開することもしばしばある。なので、媒体を別にする」に行き着いた。(ニーズってこんな感じで"絶妙に全部満たしたい"みたいなことあるよね)

最近はこっちで書くことが多いけど、「今の職場LOVE」的なnoteを書こうと思っている。年末振り返り的に書きます。(宣言)

-

あなたにとっての、noteとしずかなインターネットの違いはありますか?よければレターで教えてください。

@ryu
普段はこころを支えるアプリを作っています。 日々かんがえたことを書いて、気が向いたら公開します @ryuki_kyoto