あなたはどこのだれ

さと
·

ひとつのテーマをじっくり語りたいときは、はてなブログのほうに書く。ほとんど知り合い(とはいってもツイッターのフォロワーさん)か読者登録してくれてる人しか読んでないと思われる弊ブログも、たまにものすごい勢いでカウンターがまわる。バズるとか炎上するとかいうほどでもない。一瞬ホットエントリに載ったのか、はたまた趣味界隈で影響力のあるフォロワーさんがツイッターにシェアしたのか。なにが起こってるのかわからないけど、ほんとに読まれてるのかどうかはわからないけど、カウンターだけがまわる。どこでシェアされたんだろう?誰が読んでるんだろう?なぜ読まれてるんだろう?どの記事が読まれてるんだろう?アクセス数のわりに反応がほぼないから、ほんとに何が起こってるのか、書いた本人は置いてけぼり状態。まあわたしツイッターもほとんど見なくなったから、そのせいもある。

昔ブームだった頃のブログ文化を想う。あの頃はみんな結構気軽にコメントと返信を通して、どこの誰が知らない人との言葉の交流があった。なんだか今は知らない人からも、知ってる人からも、遠巻きに眺められてるみたいだ。昔よりも人に言葉をかけるのが難しく、人とかかわるのが重たくなった。へたに触れると傷つけるし、傷つく。間違えることが怖い。日常的に書くわたしだって、そんなことを考えながら書いている。だけど時には、弊ブログを開いているであろう不特定多数のあなたがどこの誰で、何を読んでいるのかを知りたくなる。

@satoe1981
ひとりでしずかに書いてます。 potofu.me/satoe1981