思考のスケッチ #005

上村朔之助
·

#005

離婚すると、どのような戸籍にするかという問題が生じる。戸籍を作る方法は大きく分けて三つある。ひとつめは婚姻前の戸籍に戻る方法。ふたつめは旧姓に戻り、新しく戸籍を作る方法。みっつめは婚姻時の姓を名乗り続けて、新しく戸籍を作る方法だ。この最後の方法は、一見すると便利そうに見えるが、実は奇妙な結果を招くおそれがある。

具体的な例を挙げてみる。わたし、上村朔之助が、山田花子さんと結婚したとする。ふたりは山田姓を選んだので、わたしは山田朔之助と名乗るようになる。しかし、数年後に離婚することになった。妻の山田花子が戸籍筆頭者だったので、わたしは新しい戸籍を作らなければならない。そこで、婚姻時の姓である「山田」を名乗り続けることにすると、新しい「山田朔之助」の戸籍が作成されることになる。

問題は、山田朔之助が仮に、鈴木和子さんと再婚する場合だ。二人が山田姓を選ぶと、鈴木和子さんは前妻と同じ姓になる。これは、前妻との血縁関係がない「はぐれ山田」を生み出してしまう。もし、ふたりが離婚しても、山田和子さんは婚姻時の姓を維持して、新しい戸籍を作ることができる。そうすると、彼女の子孫も「はぐれ山田」の一員となり、その数は増殖し、やがては、まったくルーツの分からない「山田家」の墓が作られる事態になるだろう。

姓の同一性は簡単に変えることができてしまうという、奇妙な事実について考えてみた。わたしは結婚して妻の姓になった。それは、新鮮な気分になったという程度のことだったのだが、妻の姓を使い続けると、戸籍制度の不合理さに気づくことになったのだ。結婚を考える、もしくは既婚の女性たちには当たり前の話かもしれないけれど。

@tai
1975年生。兵庫県芦屋市出身。10代を神奈川県葉山町で過ごす。県立横浜緑ヶ丘高校、日本大学藝術学部除籍。映像ディレクターを経て、現在は、成城の有閑マダムと茶飲み話をするだけの簡単なお仕事をしています。XにてAI生成画像を素材に「机上の紳士淑女録」を更新中。 @taikichiro