もちもちぶどうパン

.
·

 医者へ行った帰りに寄ったパン屋。

 何度か過去に行ったことのあるそこで、いくつか品物を購入した。気になる商品があるかを、待ち時間を利用しWebで確認して目星をつけてから。

 気になったのはパイナップルがたっぷりと入ったフルーツサンド。あれば買いたいなあと思いつつ、昼過ぎに店へ入ったところ、冷蔵ショーケースに並べられているパイナップルサンドを見つけた。やったぜと思いつつ、他にも気になるものをいくつか選ぶ。なにを買おうか吟味している最中に、店員さんが並べたのは人気だとうたわれているぶどうパン半斤。

 試しにと買ってみたぶどうパンの、なんともっちもちなこと!

 正直なところ、食感がサクサク、カリカリとしたものが好きだ。ピザの生地もふかふかよりクリスピーが好きだ。パン生地も嫌いではないし普通に食べるが、好むのは軽い口当たりの、ざくっとした味わいのもの。

 食パンはもちろんトーストして食べる。生食パンは「そういうもの」として認識しているから、普通に生でかぶりつく。おいしい。あれは逆にトーストすると風味や甘さがちょっと損なわれるから、不思議なものだ。

 そんなカリカリサクサクが好みな私が食べた、このぶどうパンは実にもっちもちで美味しかった。正直トーストをするのをはばかられるくらいに。おいしい、おいしいと、生地のやわらかさとほのかな甘み、ぶどうのハーモニーが絶妙に混じり合ったパンを食べながら、サクサクが好きな私は試しに一枚焼いてみた。きっとこれは生で食べた方がおいしいんだろうなぁと確信しながら。

 結論から言う。やっぱり生で食べた方がおいしかった。

 サクサクしておいしい。焼いてもちょっともっちりしていておいしいのだが、生で食べたときのほうが悦びはめっちゃ増す。

 新しい目覚めと気づきだなあと思いつつ、ぶどうパンはまた購入しようと密かに決意した。わざわざそこに行くほどの用事と欲求はないので、定期健診に行った帰りだけになるけれど。

 またそのときに、手に入れられたらいいなあ。もっちもちのもちっとしたぶどうパンを。