12/16の日記

umo
·

土壇場になって「冬コミの新刊表紙、間に合わないから作ってくれい!」のLINEがくるのが長年わたしの友人をやっている人間の速度という感じの原稿ド修羅場に今年末も巻き込まれており。いやもうなんか予定空けて待ってるよね、何なら。そして御礼の代わりにライブを奢ってもらうのが何となく通例になっている。そんな風に自分でサークル参加しなくても夏冬コミケにぼんやりと参加をし続けている。装丁やロゴのデザインはとても楽しい。一応デザインの専門学校を出てはいても学んでいたのは販売コンセプトや企画をやってきたから、いわゆるビジュアルに関する作成技術は学びよりも感覚優先でやっていたために職人技術のような実感があるかは疑問だけれど「企画から一括してやれる」「土壇場で声を掛けてもなんとかなる」は今後も強みにしたいところ。そしてとにかく場数を踏みたい。

夏の『めがねともぐら』(男性ブランコと空気階段のツーマン)の配信内容を思い出している。この2組が大好きなんだけどファン層が意外と被っていることについてはファン当事者意外は驚きそうな気がする。一見公務員然としている浦井とギャンブラー体現のもぐらの対比した印象かもしれないけど、平井とかたまりの女装へのこだわりとかコントの設計図なんかは結構近い組み立て方なんじゃないかと思う。なーんて創作をやるファンなので純粋な消費者じゃない立場だと出された料理の素材から作り方まで分解して箸で穿って食べるようなお行儀の悪さで接してしまうことがあってよくない。まぁ単純に面白くて笑えるしスタイリッシュだから好きなんだけど。あとアートワークがおしゃれ。どちらも。

相変わらず風邪を引きずって体調が芳しくない。夫が下の子を連れ出してくれた半日をGoogleのブクマ整理したり、カットキャベツを足したペヤングを食べたりして過ごして微回復。

@umo
いただく感想は大切に読んでいます