11/30の日記

umo
·

主催イベントが一段落したのと、冬コミ合わせ本の印刷所のデータチェックが無事に済んだのと、今年も収支黒字で終えられそうなのと、上の子の受験が終わったのと、とにかく色々諸々のごほうびと、お世話になった場所への少し早い年末のご挨拶と来年からお世話になる予定の場所によろしくのご挨拶を済ませつつ、レイトショーの『首』を予約して、シアタートラムでiakuの『モモンバのくくり罠』を観てきた。横山さんの書く家族の話はいつかの自分だったり親だったり子だったり、これからの自分だったり親だったり子だったり、いつも小さな営みの普遍な些末ではあるんだけれど、その機微を瑞々しい台詞で深く掘り下げてくれるから好きだ。

シアタートラムは三軒茶屋、同じ田園都市線沿線の用賀に用があったので(駄洒落のようだが駄洒落である)ついでにBlueskyのフォロワーさんに教えてもらったお菓子屋さんに立ち寄ると平日の昼間だというのに店内は大盛況であった。5分ほど並んで焼き菓子を購入。12月のおやつ、お楽しみである。そして、それとはまた別に、シアタートラムからキャロットタワーに向かう途中にある「えっ?こんなところにお店が?」みたいな驚くほど小さい窓口と狭さの今川焼き屋さん(ここは看板に今川焼きと書いてあるから今川焼きなのである)でボロネーゼ今川焼きなるものに興味を覚えたので購入。しかし小倉とカスタード140円、チーズクリームとボロネーゼ200円は安いなぁ。これは朝ごはんにするつもり。

夕方、アポイントを取っていたレンタルボックスのオーナーさんと規約や取り決め、置きたいものを見てもらって11月の仕事は終了。

夕方に早めの食事を摂ったので、地元に移動して駅ナカでサラダだけ買ってシェアラウンジで映画の時間までアルコールプランで飲む。ひとり飲みなら下手に居酒屋に入るよりも安上がりだったりするし、普段集中して作業したいときに非常に重宝するので電車に乗らなくても行ける範囲に出来てくれたらいいなぁ。

映画『首』観る。北野武映画のバイオレンスコメディ全開でとにかく無慈悲で痛快だった。加瀬亮は期待以上だったし大森南朋の秀長がキュートで平原テツは何やっても達者な役者さんであった。

11月も「アッ」と言う間に終わってしまったので12月は「あ」くらいで終わりそう。時間の流れって等しくなくない?気のせい?

@umo
いただく感想は大切に読んでいます